2017年06月29日

玄関用手すり 置くだけタイプ 工事不要 T501 日本製【介護用品】

置くだけタイプで設置が簡単です。


l (19).jpg



前面、ネジ止め設計なので組立が簡単です。ドライバー以外の工具は不要です。

●工事不要で壁や床に傷を付けません。ネジ止め設計なので組立が簡単です。

l (20).jpg


l (21).jpg





手すり部は、温かみのある天然木で、手触り感がやさしい日本製です。



玄関用手すり 置くだけタイプ501 左右対応 していますので、

2基お買い求めになればさらに便利ですよ。



●玄関での上がり下がりをサポートして、高齢者に優しい設計となっています。

もう壁伝いに玄関を上がり下がりすことはなくなります。




お掃除も楽々にできます。 本体の移動が出来るので掃除が容易。

手すり部は、温かみのある天然木を使用していますからやさしい手触り感があります。




不要時の取り外しが簡単です。


サイズ:

幅約70cm×長約75cm×高さ約70cm 重量:15kg 日本製


●素材 肘掛:

天然木/ウレタン塗装塩ビエッジ巻 フレーム:鋼管/メラミン焼付塗装(ベージュ)

安定板:

鋼鈑/メラミン焼付塗装 滑り止めシート貼り(オニックス柄)



使用者様の声


「以前から玄関の手すりが欲しかったんですけど、これで安心です!」

「ネジ止めだけで設置できるので、高齢の主人に頑張ってもらいました。」

という喜びの声が寄せられています。


さあ今こそ

玄関用手すり 置くだけタイプ 工事不要 

を設置して快適な日々をてにいれませんか。
posted by harutyan at 22:11| Comment(0) | 室内用手すり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

室内用『手すり』もいろいろ

こんにちは!

ショップオーナーの佐藤です。

よく降るようになりました。

紫陽花が見頃です。


Hydrangea_macrophylla_02.jpg


今回は『室内用手すり』について。

介護が必要な人にとって、「手すりは」溺れる人の藁と同じなのですよ。

特に高齢になると、体のバランスをとるのが難しく、立ち上がりなどに

大きな負担がかかります。

そんな時に、ちょとした支えがあるだけで動きが全く違ってきます。

例えば、これなど


bedo.jpg

リッチェル ベッド関連用品 ベッド用手すり しんすけST(介護用品) 48140


ベッドからの起き上がりのときのアイテムです。

この写真ではベッドの枠木がありません。ご家庭のベッドはこれが普通でしょうが、

このようなベッドでは特に半身片麻痺の方には、とても起き上がりは困難です。

でも、手すりがあるだけで全く違ってきますね。

あるいはこんな手すりはどうでしょうか?


r (2).jpg


ちょっとした立ち上がりにはとても重宝していますね。

素材が木目調であればなおグッドですね。


今回特にご覧いただきたいのはこれです。


l (17).jpg

これ何だかわかりますか?

『上がりかまち用手すり』と言います。

では『上がりかまち用手すり』って何でしょうか?

興味のある方は商品ページをご覧ください。



yazirusi.png

アロン化成 上がりかまち用手すり (2)S-650F 531-016【介護】
posted by harutyan at 21:47| Comment(0) | 室内用手すり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

排泄用具と要介護者への視点その③認知症高齢者の「おもらしの問題」

こんにちは!

ショップオーナーの佐藤です。

ようやく梅雨らしくなりましたね。

これからはお洗濯などが大変ですが頑張りましょう!


110.jpg




今回は要介護者者のお漏らしについて・・・




認知症高齢者の「おもらしの問題」


ご家族を介護する中でよくある悩みが排泄の悩みです。

特に認知症の高齢者の場合には、「おもらしの問題」が重要な排泄の悩みになります。おもらしの問題は、介護をされる側にとっては恥ずかしさやふがいなさを感じる問題です。

一方で介護をする側にとっては臭いが気になったり、手間がかかったりする問題です。そこでここではおもらしに関する悩みのケースを紹介しますので、おもらしの問題にお悩みの方は参考にしてみてください。



安易なオムツは間違った対応


認知症の高齢者は何度もおもらしを繰り返す場合が多いです。何度注意されても改善することは少ないですから、介護者にとっては大きな悩みになります。

高齢者のおもらしに対しては、安易にオムツをはかせますがこれは間違った対応です。軽度認知症の高齢者はオムツをはくことへの恥ずかしさがまだまだあります。

ここで安易にオムツをはかせることで高齢者の自尊心を傷つけることになってしまいます。人間としての尊厳を失わせることになりますので、認知症の進行を促進してしまう可能性もあります。


トイレサポートで問題解決


こうしたおもらしの問題への正しい対処方法は安易にオムツをはかせないことです。大変かもしれませんが、まずは自分で排泄できるようにサポートすることが正しい方法です。

具体的な方法としては、毎日決まった時間にトイレに連れて行くこと、ご家族のお部屋をトイレに近い場所に移すこと、ご家族のお部屋に簡易型のトイレを用意することなどです。このようなサポートをすることで認知症の高齢者のおもらしが軽減したケースはよくあるのです。

おもらしが軽減することによって認知症のご家族が自信を取り戻すことにもつながります。全員が幸せになれる解決方法ですので、おもらしの問題にお悩みの場合は一度お試しください。


今回はここまで。次回お楽しみに。

【PR】

『人気のポータブルトイレ』


ぴた.jpg

yazirusi.png

アロン化成 木製ポータブルトイレ 安寿 家具調トイレAR-SA1(シャワピタ) (1)ノーマルL

posted by harutyan at 21:48| Comment(0) | ポータブルトイレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。