2017年05月23日

排泄用具と要介護者への視点 その①

こんにちは!ショップオーナーの佐藤です。

いつもご愛読ありがとうございます。

介護支援福祉用具/トイレ用品おしゃれな専門店  通販

陽気な春の季節にもいつの間にか、夏の暑さを感じる今日この頃。🍺

これからは健康管理にも注意が欠かせませんね。

今日のお題は「排泄用具と要介護者への視点」という堅苦しい感じですがよろしくお願いいたします。

高齢者にとって”自然な排便”が健康を維持します。
自然な排便のためには、「腹圧」と「重力」が大切と言われます。お腹に力を入れ、
重力を利用して排便するには座った姿勢が最も自然ですね。

病気の治療中は良しとしても、市販の便秘薬などの使用が恒常化するのは禁物です。
万が一、必要な場合でも医師の診断のもとでご使用ください。
薬の効果がゆっくりと現れる処方を診断してくれます。

最も便利なものは「ポータブルトイレ」です。

ポータブルトイレは自宅のトイレまで歩いて行くことができないためだけのものではありません。
椅子に腰かけた時、うまくバランスを取れない人にとっては、背もたれや肘掛けがついたポータブルトイレは
非常に安定性があり、安心感を得られるのです。何よりも要介護者が安心できることが重要なのです。

そうは言っても、ポータブルトイレには種類も多くあります。ここでは高齢者が、安心して排便できるような
理想的なポータブルトイレの条件をご紹介しましょう。

ベストなポータブルトイレを選ぶポイント

ポータブルトイレは一見すれば椅子のような感じですが、その作りや材質には様々あります。
まず便座ですが、長時間座っても疲れないような素材が使われているものが良いです。

樹脂製のように座った瞬間にヒヤッとすものは避けましょう。寒い日に下腹部が冷たいものに触れると
血圧が急上昇するため、脳梗塞など思わぬ症状を引き起こす危険があります。

そのためにはクッション性のあるウレタンフォームが入っている物が最適です。
背もたれも同様ですね。

また、快適性と同様に安心感を得られるのもポータブルトイレの条件です。
両足に十分力が入るか、立ち上がりが怖くないかなどの配慮が必要ですね。

そのためには、脚の高さが調節できる、肘掛けでバランスが取れ、ベッドから移る(移乗)
時には肘掛けが跳ね上げ式になっているのがベストです。

さらには、立ち上がる時に足の引き場所が確保されることも大事なポイントです。

リッチェル 木製ポータブルトイレ 木製トイレキラク コンパクト肘掛跳上(1)普通便座

折りたたみ式ポータブルトイレで外出も安心

昨今では折りたたみしきのポータブルトイレも市販されるようになりました。
外での排尿や排便が不安なため、外出を避ける高齢者も少なくありません。
折りたたみ式のポータブルトイレなどがあれば安心して外出もできます。

それではまたお会いしましょう!

サンコー コーナー型トイレ

ポータブルトイレ スカットII



sibin1.jpg




posted by harutyan at 22:29| Comment(0) | ポータブルトイレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。